• 注目 ATTENTION

    東京の投資マンションPICK UP!

    ディアレイシャス

    東京都心部を中心に展開される人気の投資マンション。販売会社のレイシャスは幅広い不動産業務をワンストップで請け負っており、オーナーの評判も高い。購入者の半数以上が2室目を購入するなど、実績も折り紙つき。

  • 東京の投資マンションPICK UP!

    スカイコート

    東京都心はじめ、関東一円で展開される投資マンション。販売会社は1969年創業の老舗で、販売実績多数。グループ会社によるリフォームも行っており、新築で購入した物件が劣化した際のサポートもばっちり。

  • 東京の投資マンションPICK UP!

    エステムプラザ

    東京・大阪で展開される、ハイグレードなデザイナーズ投資マンション。運営会社である日商エステムの本社は大阪だが、東京にも駅近で利便性の高い物件を多く抱えており、サポート体制にも定評がある。

東京の投資マンション運営会社比較サイトHOME » 東京の投資マンション経営『成功の法則』 » 販売会社選びのポイントを知る

販売会社選びのポイントを知る

東京の投資用マンション販売会社を選ぶときに、注目すべきポイントを解説しています。

良質な投資マンション物件を取扱っているか

マンション投資で安定した家賃収入を得るためには、まず好条件が揃った優良物件を購入することがポイントになります。

都心へのアクセスがよい、環境に恵まれた立地、設備やセキュリティ面がしっかりしているなど、物件に魅力があれば、入居率も高いと考えられるからです。
販売会社を選ぶ際は、こうした優良物件を取り扱っているかを確認しましょう。

また、現在販売中の物件だけでなく、過去の販売実績をチェックすることも重要です。
どのエリアに強いのか、どういった設備のマンションを手がけてきたのかといったことを知ることで、その販売会社の傾向や強みなどが把握できます。
また、数多くの販売実績があれば、マンション経営に関する経験やノウハウもたくさん持っていますので、相談もしやすいでしょう。

建物管理・入居管理体制が整っているか

マンション経営を行う場合、オーナーが自らマンションの管理を行うケースはほとんどありません。

投資用マンションの販売会社には、管理業務部門があるところや関連の管理専門会社があり、そこにマンションの管理を任せるのが一般的です。

したがって、マンション経営を成功させるためには、そうしたマンション管理業務を行う会社や組織体制がしっかりしているかどうかもポイントとなります。

マンション管理には建物管理と入居管理の2つがあります。
建物管理は共用部の清掃や建物の設備機器の保守点検、補修や修繕などを行います。
入居管理は、入居者の募集・審査から賃貸借契約、家賃の徴収、クレーム対応や退去時の処理などを行います。

建物管理は計画的で定期的に行うのか、入居管理では入居者募集をどういう方法で行うのか、
家賃滞納やクレーム処理などの対応は万全なのかなどがチェックポイントです。

経営サポートが充実しているか

マンションの建物管理や入居管理をオーナーに代わって行なってもらえることも経営サポートの1つですが、
一口にマンション経営といっても、投資にいたるまでにはいくつかの段階があります。

購入前にもどういったエリアの物件を選択してローンをどのように設定し、収支計画をどうするかを検討しなければなりません。
優良な販売会社は、そうした段階からローン設定から将来のライフプランまで親身に相談に乗ってくれます。

また、購入後のオーナーの一番の心配事は空室リスクです。
もちろん、物件に魅力があれば空室率も低いと考えられますが、長い間には空室が出ることもあるでしょう。
そのようなケースに対応して、販売会社の中にはサブリース契約(家賃保証)を行なっているところがあります。

その他、滞納保証やリフォーム・設備修繕をサポートするシステムなど、
あらゆる角度からオーナーをバックアップする仕組みがある場合があります。
そうした経営サポートの充実度も販売会社を選ぶ際の重要なポイントになります。