• 注目 ATTENTION

    東京の投資マンションPICK UP!

    ディアレイシャス

    東京都心部を中心に展開される人気の投資マンション。販売会社のレイシャスは幅広い不動産業務をワンストップで請け負っており、オーナーの評判も高い。購入者の半数以上が2室目を購入するなど、実績も折り紙つき。

  • 東京の投資マンションPICK UP!

    スカイコート

    東京都心はじめ、関東一円で展開される投資マンション。販売会社は1969年創業の老舗で、販売実績多数。グループ会社によるリフォームも行っており、新築で購入した物件が劣化した際のサポートもばっちり。

  • 東京の投資マンションPICK UP!

    エステムプラザ

    東京・大阪で展開される、ハイグレードなデザイナーズ投資マンション。運営会社である日商エステムの本社は大阪だが、東京にも駅近で利便性の高い物件を多く抱えており、サポート体制にも定評がある。

東京の投資マンション運営会社比較サイトHOME » 東京の投資マンション経営『成功の法則』 » 空き室リスクが少ない物件を知る

空き室リスクが少ない物件を知る

どのような条件を備えた投資マンションが、空き室リスクを軽減できるのか。それを見分けるポイントを解説しています。

東京で空き室リスクの少ない投資マンションとは?

投資マンションのオーナーにとって、空き室は大きな不安要素です。
マンション投資の最大のリスクは空き室にあると言ってもよいでしょう。

空き室リスクを少なくするためには、魅力があって人気の衰えない物件を選ぶことが重要です。
借り手のつきやすい物件の条件は以下のようなことが考えられます。

■立地条件が良い
駅から徒歩10分以内にある、渋谷、新宿といった都心へのアクセスがよい、
公園やコンビニが近くて住みやすい環境にあることなどがポイントです。できれば23区内がよいでしょう。

■設備が充実している
最近ではエアコン完備は当たり前になってきていますが、その他に画面付きインターホン、浴室乾燥機付きである、
宅配ロッカーなどがあるなど最新の設備が整っていることが重要です。

■安心・安全性が高い
耐震・免震構造のマンションである、オートロックや防犯カメラなどセキュリティー面がしっかりしていることが入居者に安心感を与えます。

■単身者向きである
分譲ではファミリータイプの方が人気が高いですが、賃貸の場合は単身者タイプが人気があります。
日本賃貸住宅管理協会の調査では東京都の単身用賃貸住宅の入居率は96.64%となっています。

■デザイン性が高い
デザイン性の良さは第一条件にならないかもしれませんが、同条件の物件があった場合には、
デザイン性の優れている物件の方が選ばれます。外観を気にするという入居者を取り込むことができます。

長期的な展望で十分な調査が必要

マンション経営は1~2年で終了するものではありません。
ローン完済後も長期的に家賃収入を期待できる物件を選ぶ必要があります。

そのためには、マンション販売会社の話を聞くだけでなく、
自分で都市計画などの情報などを集めることも大切です。

例えば、近くに大学があり、学生の賃貸需要を見込めると考えていたのに、
近々移転の計画があるといったこともあります。

また、逆に今はそれほど注目されていないエリアであっても、
再開発の計画があって将来は交通アクセスや買い物が便利になる可能性があるという場合もあります。

空き室のリスクはマンションを所有している間は常に考えなければいけないことですので、
目先のことだけを考えずに、長期的にみて借り手の需要が継続するかをよく調査し判断することが重要です。